借地権は売れる?

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

そもそも借地権って売れるのかという疑問があると思います。借地権は建物所有のために土地を借りる権利であり、財産権であるので売れます。もちろん地主の承諾は必要です。

借地権を売りたいというときは、引っ越すときや相続したときだと思います。自身が引っ越さざるを得なくなって、家を売ろうと思います。地主の承諾が必要だというなら、地主に売るのはどうでしょうか。これは現実的に厳しいです。地主がとにかく土地を使いたい動機があるというようなラッキーな場合でなければ地主には売れないでしょう。借地契約を継続しておけば地代が入るし、借地契約が終了すれば土地は自分の手元に戻るのにわざわざ多額の現金を用意したりしないものなのです。また、地主が買取りを承諾しても借地人は土地を原状回復して地主に返す必要があるので自分の費用で家を取り壊す必要が出てきます。地主に売る場合は、借地権はゼロ円で地主に取壊し費用を負担してもらうという事例が多いです。

相続のときはどうでしょうか。借地権は被相続人から相続人に移転しています。地主の承諾は必要でしょうか。この場合は必要ないです。相続人は被相続人の地位を承継するからです。ときどき相続人の無知に乗じて地主が相続人に承諾料を請求するなんてことがありますが、払う必要はありません。ただし、相続人以外の者に遺贈されたのであれば、承諾料を払う必要があります。通常の譲渡と同視されるからです。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket