借地権を売る

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

借地権を売るには、相手方が必要です。不動産会社に探してもらう前に地主に借地権を売却することを伝えておきます。この時点で、地主からは承諾は得られないでしょう。誰が買受人になるか分からないからです。また、借地上に建っている建物をどうするのかも大きな問題となります。

買受人と借地権の売買契約を結んでから、事後に地主の承諾を求めるのは禁じ手です。契約違反となり地主から契約解除を求められますし、買受人から売買契約の債務不履行責任を追及されるという最悪の事態となってしまいます。契約内容の全体が決まってから改めて地主に承諾を得ることとなります。

契約内容の全体が決まってから承諾を得るのはなぜでしょう。それは家をどうするかによって承諾するか否かそして承諾料の多寡が変わってくるからです。家を建て替えない場合、
借地権の譲渡承諾料のみで済みます。これは借地権価格の10%くらいです。借地権価格は国税庁により各々の土地に借地割合が設定されているのでそれに更地価格を掛け合わせることにより求めることができます。

家を建て替える場合、譲渡承諾料に加え、建て替えの分の承諾料も必要になってきます。家の建て替えにより借地権の存続期間が延びるからです。この承諾料には更地価格の2~5%が必要になります。基準は借地権価格ではありません。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket